新卒採用サイト未来の物流を創り出す、物流クリエイター大募集

MENU

  • CONTACT
  • ENTORY
  • PHONE
  • コーポレート
  • インスタグラム
  • フェイスブック

Get to know Staff仲間を知る

入社理由は曽根社長の存在

入社理由は曽根社長の存在

私が就職活動をしていたのは2003年で、就職氷河期の真っただ中でし
た。日本全体が混沌としていた時代です。
そんな中、私は二つの視点から就職活動をしていました。
一つ目は景気に左右されない安定した業界であること、そして二つ目
は身体を動かせる仕事であること。
高校卒業までバレーボールに打ち込んでいたこともあり、社会人になっ
ても身体を動かす仕事に就きたいと思っていました。
その中で物流業界に照準を絞って就職活動をしており、ダイワコーポ
レーションの面接がありました。最終面接での曽根社長の飾らない言
葉や人柄に魅力を感じ、その場で「一緒に働こう!」と言われた際に「は
い!一生懸命頑張ります!」と返事をしていました。
そして、曽根社長に恩返しできるように仕事に打ち込もう!そんな想
いになりました。

入社理由は曽根社長の存在

私が就職活動をしていたのは2003年で、就職氷河期の真っただ中でした。日本全体が混沌としていた時代です。そんな中、私は二つの視点から就職活動をしていました。一つ目は景気に左右されない安定した業界であること、そして二つ目は身体を動かせる仕事であること。高校卒業までバレーボールに打ち込んでいたこともあり、社会人になっても身体を動かす仕事に就きたいと思っていました。その中で物流業界に照準を絞って就職活動をしており、ダイワコーポレーションの面接がありました。最終面接での曽根社長の飾らない言葉や人柄に魅力を感じ、その場で「一緒に働こう!」と言われた際に「はい!一生懸命頑張ります!」と返事をしていました。そして、曽根社長に恩返しできるように仕事に打ち込もう!そんな想いになりました。

入社理由は曽根社長の存在

「与えられた」仕事ではなく
「創り出す」仕事の喜び

私は2016年より現在の川崎第2営業所にて所長を務めていますが、こ
れまでいくつかの営業所での勤務経験があります。それらの中で、当
時ダイワコーポレーションの新規サービスであった食品関連の物流業
務を担当するなど、いくつかの新規サービスに私自身が中心となって
携わる経験をしました。
物流の業務は取り扱う商品により、対応力が問われる奥の深い仕事で
す。自社のノウハウが無い中、手探りでトライ&エラーを繰り返し、
ノウハウを構築しながら新たなサービスの基盤を構築できたことは今
でも私の誇りです。

入社理由は曽根社長の存在

「与えられた」仕事ではなく
「創り出す」仕事の喜び

私は2016年より現在の川崎第2営業所にて所長を務めていますが、これまでいくつかの営業所での勤務経験があります。それらの中で、当時ダイワコーポレーションの新規サービスであった食品関連の物流業務を担当するなど、いくつかの新規サービスに私自身が中心となって携わる経験をしました。物流の業務は取り扱う商品により、対応力が問われる奥の深い仕事です。自社のノウハウが無い中、手探りでトライ&エラーを繰り返し、ノウハウを構築しながら新たなサービスの基盤を構築できたことは今でも私の誇りです。

入社理由は曽根社長の存在
より強固な組織をつくるために

所長として
より強固な組織をつくるために

川崎第2営業所の所長として、現在は営業所の管理・マネジメントに
従事していますが、今後は働くメンバー全員のスキルアップに注力し
て働いていきたいと考えています。
具体的に考えているのは社外研修制度。物流業務は先述のように、取
り扱う商品や倉庫環境によりフレキシブルな対応力が求められる業務
です。その中で、ずっと同じ環境で働き続けることは良い意味で「慣
れ」による経験値を積める反面、悪く見れば「停滞」を生んでしまう
リスクもあります。
仕事に変化を付け、違った視点で今の自己業務を見つめ直してもらう
意味でも、他企業の物流業務を実際に体験することで自分の新しい力
に変えてもらいたいです。そしてそんなメンバーが集結した組織こそ
が、今まで以上にお客様満足を実現できる組織に繋がると確信してい
ます。
そのために、仕事のこと、人と関わること、そして遊ぶこと。とにか
く探求心があり、良い意味で遊び心を持った人と働きたいです。
「興味を持つ」ことは成長の大きなプロセス。数ある会社の中で皆さん
がダイワコーポレーションに興味を持っていただけたらうれしいで
す!

所長としてより強固な組織を
つくるために

川崎第2営業所の所長として、現在は営業所の管理・マネジメントに従事していますが、今後は働くメンバー全員のスキルアップに注力して働いていきたいと考えています。具体的に考えているのは社外研修制度。物流業務は先述のように、取り扱う商品や倉庫環境によりフレキシブルな対応力が求められる業務です。その中で、ずっと同じ環境で働き続けることは良い意味で「慣れ」による経験値を積める反面、悪く見れば「停滞」を生んでしまうリスクもあります。仕事に変化を付け、違った視点で今の自己業務を見つめ直してもらう意味でも、他企業の物流業務を実際に体験することで自分の新しい力に変えてもらいたいです。そしてそんなメンバーが集結した組織こそが、今まで以上にお客様満足を実現できる組織に繋がると確信しています。そのために、仕事のこと、人と関わること、そして遊ぶこと。とにかく探求心があり、良い意味で遊び心を持った人と働きたいです。「興味を持つ」ことは成長の大きなプロセス。数ある会社の中で皆さんがダイワコーポレーションに興味を持っていただけたらうれしいです!

より強固な組織をつくるために