新卒採用サイト未来の物流を創り出す、物流クリエイター大募集

MENU

  • CONTACT
  • ENTORY
  • PHONE
  • コーポレート
  • インスタグラム
  • フェイスブック

Get to know Staff仲間を知る

「何をやるか」ではなく「誰とやるか」

「何をやるか」ではなく「誰とやるか」

私は就職活動をしていた際、業界や職種にこだわりを持って活動して
いたわけでも、明確なキャリアビジョンを持っていたわけでもありま
せんでした。
その中で、「自分らしく、仲間と本音で語り合える環境で仕事をしたい!」
という想いは自分の仕事の軸として強く考えていました。
職場は生活の大半を過ごす場所ですし、「どんな仕事をするか」よりも
「誰と仕事をするか」のほうが重要ではないか?と感じていたんです。
ダイワコーポレーションと出会い、今まで知らなかった物流業界の仕
組みや今後の成長性を知るとともに、会社説明会で丁寧に説明をして
くださった先輩や曽根社長の人間性に魅了されて、入社を決めました。

「何をやるか」ではなく
「誰とやるか」

私は就職活動をしていた際、業界や職種にこだわりを持って活動していたわけでも、明確なキャリアビジョンを持っていたわけでもありませんでした。その中で、「自分らしく、仲間と本音で語り合える環境で仕事をしたい!」という想いは自分の仕事の軸として強く考えていました。職場は生活の大半を過ごす場所ですし、「どんな仕事をするか」よりも「誰と仕事をするか」のほうが重要ではないか?と感じていたんです。
ダイワコーポレーションと出会い、今まで知らなかった物流業界の仕組みや今後の成長性を知るとともに、会社説明会で丁寧に説明をしてくださった先輩や曽根社長の人間性に魅了されて、入社を決めました。

「何をやるか」ではなく「誰とやるか」

うまく言葉にできなくても
想いは伝わる

入社後に配属されたのは経理財務課でした。その後、人事総務課で採
用担当の経験を経て、今は品質管理を行うQMS推進室で仕事をしてい
ます。振り返ってみると一番大変に感じたのは採用担当の時です。
元々私は人前で話をすることがとても苦手で、「自分が就活生の時に会
社説明をしてくれた先輩のように自社の魅力をうまく伝えられるだろ
うか?」と常に不安でした。
でもその際に改めて自分の価値観である「自分らしく本音でぶつかる」
ことを大事にしようと思いました。
きれいな言葉ではなく、自分が経験してきたありのままを伝えること
で、会社の魅力、仕事の喜びや大変さを学生の皆さんに伝えることが
できました。
相手に対して素直に向き合うこと、そして本音で話すことにより、相
手も心を開いてくれることを実感しました。

うまく言葉にできなくても想いは伝わる

うまく言葉にできなくても
想いは伝わる

入社後に配属されたのは経理財務課でした。その後、人事総務課で採用担当の経験を経て、今は品質管理を行うQMS推進室で仕事をしています。振り返ってみると一番大変に感じたのは採用担当の時です。元々私は人前で話をすることがとても苦手で、「自分が就活生の時に会社説明をしてくれた先輩のように自社の魅力をうまく伝えられるだろうか?」と常に不安でした。
でもその際に改めて自分の価値観である「自分らしく本音でぶつかる」ことを大事にしようと思いました。
きれいな言葉ではなく、自分が経験してきたありのままを伝えることで、会社の魅力、仕事の喜びや大変さを学生の皆さんに伝えることができました。相手に対して素直に向き合うこと、そして本音で話すことにより、相手も心を開いてくれることを実感しました。

うまく言葉にできなくても想いは伝わる
縁の下の力持ち

常にお客様や社員のことを考える
縁の下の力持ち

現在私が在籍しているQMS推進室は、各営業所へ実際に訪問し、現場
を俯瞰の目で見て、作業の効率化や品質の向上、職場環境の改善やス
タッフの安全確保について社内共有し、サポートをすることが主要業
務です。
「お客様からお褒めの言葉をいただいた」「破損やミスが減った」など
の話を聞いたときは、自分が陰ながら協力できたことを実感するうれ
しい場面です。
組織には人それぞれ役割があると思うので、私は各関係部署を陰なが
らサポートすることを今まで以上に努めていきたいと考えています。
今後もさまざまな目線を持った、ダイワコーポレーションを盛り上げ
てくれる仲間が必要です。
素直に、時には喜怒哀楽を前面に出しながら熱い想いで向き合ってく
れる、そんな新しい仲間と出会えることを楽しみにしています!

常にお客様や社員のことを
考える縁の下の力持ち

現在私が在籍しているQMS推進室は、各営業所へ実際に訪問し、現場を俯瞰の目で見て、作業の効率化や品質の向上、職場環境の改善やスタッフの安全確保について社内共有し、サポートをすることが主要業務です。「お客様からお褒めの言葉をいただいた」「破損やミスが減った」などの話を聞いたときは、自分が陰ながら協力できたことを実感するうれしい場面です。
組織には人それぞれ役割があると思うので、私は各関係部署を陰ながらサポートすることを今まで以上に努めていきたいと考えています。今後もさまざまな目線を持った、ダイワコーポレーションを盛り上げてくれる仲間が必要です。
素直に、時には喜怒哀楽を前面に出しながら熱い想いで向き合ってくれる、そんな新しい仲間と出会えることを楽しみにしています!

縁の下の力持ち