新卒採用サイト未来の物流を創り出す、物流クリエイター大募集

MENU

  • CONTACT
  • ENTORY
  • PHONE
  • コーポレート
  • インスタグラム
  • フェイスブック

Get to know Staff仲間を知る

同世代が責任のある仕事を任されている驚き

同世代が責任のある仕事を
任されている驚き

学生時代にハンドボールに打ち込んでいた私は、体育会系学生に特化
した就職支援会社の紹介でダイワコーポレーションを知りました。
就職活動の際は業種・職種を特に絞っていなかったので、フラットな
目でさまざまな企業と接することで、改めて自分のやりたいことは何
なのかを深掘りしていきたいと考えていました。
ダイワコーポレーションでの一番の驚きは、「和く和くプロジェクト」
という入社3年目までの社員が、会社説明会で熱心に自社の魅力や、どの
ような人財を求めているのかを学生にプレゼンしていたことでした。
自分と同世代の方が、会社の中核をなすような採用という重要な職責
を全うしていることに刺激を受けた私は、「若手のうちから活躍できる
ダイワコーポレーションに入社したい!」と選考に進みました。そし
て最終面接での曽根社長の考えに感銘し、入社を決めました。

同世代が責任のある仕事を
任されている驚き

学生時代にハンドボールに打ち込んでいた私は、体育会系学生に特化した就職支援会社の紹介でダイワコーポレーションを知りました。就職活動の際は業種・職種を特に絞っていなかったので、フラットな目でさまざまな企業と接することで、改めて自分のやりたいことは何なのかを深掘りしていきたいと考えていました。ダイワコーポレーションでの一番の驚きは、「和く和くプロジェクト」という入社3年目までの社員が、会社説明会で熱心に自社の魅力や、どのような人財を求めているのかを学生にプレゼンしていたことでした。
自分と同世代の方が、会社の中核をなすような採用という重要な職責を全うしていることに刺激を受けた私は、「若手のうちから活躍できるダイワコーポレーションに入社したい!」と選考に進みました。そして最終面接での曽根社長の考えに感銘し、入社を決めました。

同世代が責任のある仕事を任されている驚き

現場の難しさを実感、
そして新たなステージへ

入社して配属されたのは横浜金沢営業所です。具体的な業務内容は
フォークリフトによる搬入や出庫などです。ここで3年ほどの実務経
験を積み、現場での業務全てがいかに重要かを知ることができたこと
は、大きな経験でした。
そして年に1回行われる人事面談で、今までの経験を昇華させたいと
営業本部への異動を希望し、2019年7月からは営業職へ挑戦していま
す。
営業倉庫・物流不動産の営業職は短いタームで成果が出るものではな
いため、地道な訪問活動や人間関係を構築することがポイントです。
その中でいかにお客様のニーズを引き上げ、最適なご提案ができるか
を日々上司や先輩方から学んでいます。

現場の難しさを実感、そして新たなステージへ

現場の難しさを実感、そして
新たなステージへ

入社して配属されたのは横浜金沢営業所です。具体的な業務内容はフォークリフトによる搬入や出庫などです。ここで3年ほどの実務経験を積み、現場での業務全てがいかに重要かを知ることができたことは、大きな経験でした。そして年に1回行われる人事面談で、今までの経験を昇華させたいと営業本部への異動を希望し、2019年7月からは営業職へ挑戦しています。
営業倉庫・物流不動産の営業職は短いタームで成果が出るものではないため、地道な訪問活動や人間関係を構築することがポイントです。その中でいかにお客様のニーズを引き上げ、最適なご提案ができるかを日々上司や先輩方から学んでいます。

現場の難しさを実感、そして新たなステージへ
自分にしかできない営業スタイルを追求する

自分にしかできない
営業スタイルを追求する

営業職に異動となり半年以上が経過し、今は上司の手から少しずつ離
れ、一人でお客様のもとへ訪問する機会も増えました。
その際は「自分の強みは何か」を意識しながら業務をしています。
私には他の営業本部のメンバーが経験していない、現場での勤務経験
という大きな武器があります。机上の論理ではなく、効率的な物流業
務を実現するために自らが体験したことは、お客様へのリアリティの
あるご提案に役立つと考えています。
今後は今まで以上に自分の強みを活かして業務に向き合い、社内外双
方に成果を出していきます。

自分にしかできない
営業スタイルを追求する

営業職に異動となり半年以上が経過し、今は上司の手から少しずつ離れ、一人でお客様のもとへ訪問する機会も増えました。その際は「自分の強みは何か」を意識しながら業務をしています。私には他の営業本部のメンバーが経験していない、現場での勤務経験という大きな武器があります。机上の論理ではなく、効率的な物流業務を実現するために自らが体験したことは、お客様へのリアリティのあるご提案に役立つと考えています。
今後は今まで以上に自分の強みを活かして業務に向き合い、社内外双方に成果を出していきます。

営業スタイルを追求する